>>

ママさん美容師のアレコレ

2017/03/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
ママさん美容師のアレコレ

今この分野に力を入れているサロンが増えてますね


『ママさん美容師』


こんにちは!今年4歳の息子がいるパパさん美容師の大森です!!


美容師として一生懸命働くことはとても素晴らしい!!

好きな人と結婚して子供を産んで素敵な家庭を持つことも素晴らしい!!


けどなぜか美容師さんの発想で多いのは子供ができたら辞めなきゃいけないのでは??


いいえ!そんなことありませんよ〜!!


今の時代、働き方がかなり多様化してます、雇う側もいろんな雇用体系を受け入れてます

なので子供ができても美容師を諦める必要なんてないし

子供がいても美容師として働くことは何ら問題ないんです


こんな本が出版されました



GEORGEグループではこうゆう勉強に積極的に取り組んでいます


とはいえ、ママさん支援の雇用制度や体制を整えても実際のところもう一つ大切なのは


『スタッフの理解』


僕はこれの方が大きいんじゃないかな?って思います


どんなに制度や体制があっても

『え?また熱で早退?』とか『時短出勤なんだからこれぐらいやってよ〜』とか

そんな空気の中じゃ絶対働けないですよね!


でもこれめちゃくちゃ重要なんです


だからママさん美容師に対しての制度と理解、両方必要なんです!


その全てがこの本に書かれてあると思います


パパーって泣いてる子供あんまり見かけないですよね?

子供はママーじゃないとダメなんです


ママの時間は思い通りにはいきません

だいたい一人で行動する時間の倍はかかります


その上家事に追われます  ママさんの朝に自分の時間なんかありません


子供はよくこぼしますだいたい着替え終わった後、もしくは出かける直前に


こぼします


そしてなかなか着替えてはくれません。。。


そんな中バタバタでママさんは出勤します


ママさんにとって仕事中はある意味自分の時間かもしれません


しかし


子供は突然熱を出します それも結構な高熱

保育園から連絡があってママさんサロンワーク早退してお迎え行っても

だいたい子供って熱関係なく元気なパターンが多いみたいで

『元気なんだったら保育園で預かっててほし〜泣』って


ママさんたち泣く泣く早退してるんですね

ママさん遅刻したくてしてるわけじゃなくてギリギリの中行動してるんですね


こんなレベルの話を少しずつスタッフ同士やり取りするだけでだいぶ理解が深まると思います


僕は自分の子供と奥さんをそばで見てやっぱりママさんすげーなって思います


ママさん美容師が活躍するサロン、活躍できるサロンを目指したいです


『ママさん美容師がサロンを変える』


大森 学

大森 学

Written by: 大森 学
『身近なモード』を提案!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

大森 学は、こんな記事も書いています。

  • エリアサーキット2017 テーマカット

    エリアサーキット2017 テーマカット

  • 研修旅行に際してのお休みのお知らせ!

    研修旅行に際してのお休みのお知らせ!

  • 今回は沖縄へ!!

    今回は沖縄へ!!

  • ☆水中にも浮遊感☆

    ☆水中にも浮遊感☆

  • えりあし=技術力

    えりあし=技術力

  • ママさん美容師のアレコレ

    ママさん美容師のアレコレ

新着ヘアスタイル

カテゴリー


美容院専用ホームページサービス